はなかっぱマグネット


じゃーん。
この人に見覚えはありませんか?
ピンとくる方ははなかっぱをよくご覧頂いている方ですね。
ありがとうございます!

この人(さっきから人って言ってるけれど、、、人ではないよね)はよろず屋さんのうめさんです。
このマグネットを以前より紹介しようと思っていたのですが、うめさんは本編で名前を呼ばれた事がありません。
よろず屋さんという名で記事を書きかけていたところ、先日紹介した「はなかっぱファン」でさりげなく名前が紹介されていました。
というわけで、この人(だから人ではない)うめさん。是非とも覚えておいて下さいね!

それにしてもいやはやさすがファン雑誌、この情報量!!←?
もっと知りたい事ありますか?ありますよね??
さあさあ、本屋さんへどうぞ。。。(笑)

話が逸れた。
さて、このマニアックで素敵なマグネット。
以前スタッフさんの手作り根付をさりげなく紹介した事があるのですが、今回も同じ方、造形マスターコヤマさんの作品です。
うめさんめちゃくちゃ生き生きしてます。
これを立体で作れちゃうんだから、さすがマスターさんです。
本当に素晴らしいです。

今回ははなかっぱのガチャガチャに入っているリーフレットのパロディや、キャラクターカードも作成されていて、すべてがとんでもない完成度でした。
土台はガラスみたいな柄でかわいいですね。

うめさんの他にも数種類あるんですよ。
みろりん役の橋本まいちゃんのブログには紹介されていたのを見つけました。
私が持っていないものをお持ちです。
興味ある方は捜してみて下さい。
他のキャラクターもコヤマさんらしい個性的というかマニアックでこだわりが光ったのチョイスなんですよ。

本当にこのようなものをこんなに上手に作ってしまわれる才能が羨ましい!
どうやって作るのか制作現場を覗いてみたいものです。
中学生の頃一時 Hobby JapanやModel Graphixを読んでいたので興味深々。


さて、他にも、、、と書きましたが、もう一種手元にあるんですよね。

・・・・え?
って思いました?
さりげなく家のマグネットに混ぜてみた。
が、混ざる事出来ずなんか邪気を感じるものがひとつ。。。

私も頂いた時、まずあまりにもびっくりし過ぎて言葉を失いました(笑)
はい、これはシークレットで、私。。
うれしはずかしはずかしはずかしうれし、ですね。
まさに。
今回の作品中唯一の人間、というか登場キャラちゃうやん!!!(笑)

こちらなんと基本の絵は監督が描いて下さったという豪華仕様。
私の特徴をがっつり掴まれてます。
監督の似顔絵力にも恐れいりました。
ありがとうございました、感激です。

そしてそれを立体化する再現力。
すごいなぁ。。。
私の邪気まで染み込んでいる様に感じます(笑)

本当に本当にありがとうございます。
恥ずかしいけれどもとっても嬉しいです。
見せた家族や友達にも似てると評判でした♪

なんかどうやって説明しようかと思っている間に時間ばかり経ってしまいました(頂いてから時間が結構経っているのです)。
めっちゃ絶賛したいけれど、自分やし、、、みたいなジレンマの渦に入ってしまい(笑)

因みにこんなものも持っています。
キンキラキンのキン。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。