レインボーローズ


白いバラに特殊な液体を吸わせて作るらしいレインボーローズ。
かなり人工的なバラですが、魔法のバラっぽい不思議な魅力があります。

小学校の理科の教科書に“カーネーションに色をつけよう"という実験が載っていた記憶があります。今もあるのかな?
色水を吸わせると花びらが色水の色に染まるんですよね。
茎を半分に割って違う色を吸わせると、綺麗に半分ずつ色が分かれたカーネーションになった写真を見たような。
基本的にはこのバラも同じような事をしているのでしょうが、茎を割らずに一枚づつ花びらを別の色に染める技術は謎です。
ほんとに魔法だね。

お兄ちゃんはこのバラどう評価するかな?
きっと結論は「ぼくが最高にカッコいい!」でしょうが(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。