二本立て


とある集まりにお誘い頂き「グリーン・ホーネット」と「RED」を立て続けに鑑賞する、という人生初のアクション映画ハシゴを体験しました。
上映終了から次の上映開始迄の時間、僅か5分(笑)
タイトやでしかし!!

・・・というわけで、この2本。
私は普段殆どアクション映画は観ないのですが、どちらもとても面白かったです。

「グリーン・ホーネット」は3D上映でした。
ちょっと別に3Dでなくともいいのでは?と思う位個人的にはそこまで奥行き・飛び出しを感じなかったのですが(スタッフロールの飛び出し方は「ほお!」と思いました←そこかよ!)、そんな事や3Dメガネの重さもどうでもいい位ぷっと噴き出すシーン満載で楽しかったです。
続編とか観たいなあ。

「RED」は、ハリウッドスターに疎い私でも顔と名前が分かる人達(何という表現)のアクション映画。
こちらもコメディ色強く、最後まで楽しく鑑賞出来ました。
ブルース・ウィリスもおじいちゃんと言われてしまう歳なのですね。。。
とそんなにしみじみ思うほど彼を存じ上げない私。
彼の名前を聞くと中学時代ダイハードに心酔し、無茶苦茶な事ばかりやって先生に怒られていた同級生を思い出します。

そしてメインキャストのひとり、ヘレン・ミレン。
「ヘレン・ミレンってめっちゃ聞き覚えあるけれど何の人だろう?」と思い調べたら、私は「クィーン」という映画で彼女をみていました。
ダイアナ元皇太子妃が亡くなった当時の英国王室内の様子、という少し変わった切り口の映画です。
彼女はエリザベス女王を演じていました。

言葉少なで表情もあまり変わらないのにちょっとした所作やちらとみせる表情がとても威厳と緊張感に溢れており、「これはドキュメンタリーか?」と錯覚させられる位の素晴らしい演技が記憶に残っています。

何だか別の映画の感想になりましたが(観た映画の話はネタバレになりそうだしね)、どちらも鑑賞後はスカッとするし笑えるしでオススメです。

鑑賞前後のお話の時間も楽しかったです。
お誘い頂きありがとうございました(^^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。