レ・ミゼラブル


先日行った場所、帝国劇場。

中へ入ると、素敵な花のアーチがお出迎え。

今年で開場100周年だそうです、歴史の重みを感じますね。おめでとうございます。

さて、何をしに行ったかというと、、、勿論観劇。
「レ・ミゼラブル」を観て参りました!

ミュージカルと言えば宝塚と四季しか生で観た事なかった為、 この超有名作品を観劇出来るというだけで始まる前からわくわくしていました。

ちゃんとオーケストラピットがあって、生演奏で進むミュージカル(宝塚はオーケストラピットがあるのですが、四季はないんだよね・・・)。
当たり前のことに始めから感激(笑)

一番びっくりしたのは全編歌で進められた事。
「ミュージカルなんだから当たり前だろ。」と思われるかもしれませんが、しつこいけれども私の浅くて狭い観劇経験のある宝塚と四季はこんなに歌だけではないんです。お芝居に歌を挟む感じ。
こんなに歌だけってオペラじゃないの?と思い調べてみたら、「レ・ミゼラブル」はオペラ形式のミュージカルとの事。
なるほど、奥深いですね。

というわけでメロディに乗せて台詞が様々な感情を放ち、物語は進みます。
普通に芝居するだけでもうまくいかない事の多い私。
歌に乗せてあんなに感情を乗せてお芝居として魅せている舞台上の役者さん達は、もう何がなんだかどうなってるんだ凄すぎるんですが、と畏敬の念を抱かずにはおれませんでした。

そして、オーケストラピットにいる奏者・指揮者の方々。
休みなく奏でる姿(見えないけれど)は正に縁の下の力持ち。
こちらににも並々ならぬ力を感じました。

大道具・小道具・衣装、どれも細部まで凝っていて素晴らしいです。
目に入る光景、耳に入る音楽・歌、全てが最高最上級でとてもいい時間を過ごす事が出来ました。

内容には全く触れませんでしたが、言わずもがな。
素晴らしかったです。

一緒に観劇したみんな。

左から
アゲルちゃん役のまこちゃん(杜野まこ)

コケヤン役の翔ちゃん(三谷翔子)
つねなりとお母さん役のめぐさん(尾崎恵)
というはなかっぱメンバーでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。