大阪街巡り



昨日、ゆみちんと一緒にカメラを携えて大阪の街を撮影行脚してきました。

画像は今回私が持ち歩いた愛機。
普段もよく使うSONYのNEX-3と、久々に持ち出したMinoltaのSR-3。

久々に持つと、SR-3は鈍器だね。
鉄の塊だということをこれでもかと感じさせてくれるずっしりとした重み。
でも担いでるうちにその重みも感じられない程馴染んでくるのが不思議です。
ファインダーを覗いてじっくり考える時間、そしてシャッターを切る瞬間がとても気持ちがいい。
シャッターの音もいい音するんだなあ。
シャッター切る都度うっとりしてしまう。
改めてフィルムカメラ最高だと思った一日でした。

・・・とフィルムカメラを持ち上げておいて、次から紹介するのはNEX-3で撮った画像。
フィルムは現像しないといけないからねー。
現像を待つ間のドキドキわくわく感もいいものです。

というわけで、大阪巡りにお付き合い下さ~い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。