メダル



部屋の掃除をしていたら、こんなものが出てきました。
観光名所へ行くとよく見かける自動販売機で売っている記念メダル。
これ結構好きで、珍しい場所へ行ったりかわいいメダルだったりするとつい買ってしまいます。

画像のメダルは一番下から時計回りに、言わずと知れた超有名ご当地キャラのひこにゃん。彦根城下の土産物コーナーで購入。
彦根城築城400年祭の時に彦根城へ行きました。
ひこにゃんはこのお祭りのPRをする為に生まれたキャラクターだよ。
メダルを見るまで私も忘れていたけれど。
この頃ひこにゃんの知名度は関西止まりだったなぁ、その後東京へ出てきてからも周りにひこにゃんの話をしても暫く全く通じなかったもの。懐かしいね。
この時は天守閣前でツーショットも撮ったよ。
残念な事に私完全に半目でしたが。
彦根まで行ったのに…

気を取り直して次。
銀色のメダルは秋葉原万葉橋にかつてあった交通博物館で。
閉館時まだ東京には住んでいなかったのですが、所用で上京した時に丁度閉館直前の博物館へ入る事が出来ました。
一人で入ったのにすっごく楽しんだのを覚えています。
趣きのある車両、格好いい車両がたくさんあったなぁ。
さいたまにある後継施設の鉄道博物館へはまだ行けていないので、いつか行きたいです。

最後に見慣れないキャラクターがついてるメダルは、大阪のスカイビルにある空中庭園で。
この子はそららちゃん。
確か京都タワーのキャラクター、たわわちゃんと友達だったような。。
この空中庭園、大阪を中心地からぐるりと360度一望出来てオススメです。
日中も気持ちがいいし、夜景も素敵ですよ!
大阪観光の際、ルートに入れるのも悪くはないかと。

というわけで、記念メダルってなかなかいい。
これは幼い時から成長してない感覚だけれど、メダルを増やすというのはまるで行った事のない外国のコインを持つような特別感に溢れた所有欲を満たしてくれる、気がする。
私の場合はね。
宝箱にコインがザクザク入っていたり、宝石箱に宝石がどっさり入っていたり。
そういう光景(残念ながら現実で出会った事はないけれど)に幼い頃からとても弱いです。
あれ、また脱線した。

何かの記事で読んだのだけれど、メダルの色付けは確か手作業。
ひこにゃんもそららちゃんもハンドペインティングなんだよ!多分(はっきりと断言は出来ないので聞き流して下さい)。

買ったメダルは勿論、刻印機にガッチャンとセットして名前と日付を入れます。
名前を入れたら特別感が増すよね。
最近はどうかわからないけれど、少し前迄は大抵の設置機が今にも壊れるんじゃないかと心配になるような古~いモニターの付いたものでした。
その怪しくも味のある古さが好きです。
アルファベットのボタンを押して刻印内容を決定したら、ガッチャンガッチャンと力強く武骨な音を受けながらコインが回っていきます。
ちゃんと刻印されるかな?なんて失礼な不安をほんのり抱きつつわくわく様子を眺める一時がいいよね。


これを買うって人にいい歳になってからは出会った事がありませんが、こういうのもきっとコレクターがいるんだろうなぁ。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。